スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごくどうでもいいこと・・・・でも・・・・





今日も適当に




とりあえずへたくそでもいいから誰かが分かるように描けるようになりたい

この休日ちょっと友達と遊ぶために遠出してきました

友達との会話で、ふとこういう話題がでたのですよ


今よく使われるあの言葉・・・


「中二」「中二病」


実際友達とのやりとりや、批判するときとかによく使われますが・・・・



これって結局どういう意味?

みんな聞いたり使ったことはあるだろうけど、明確にはどういう意味合いを持つのだろうか?調べてみた
以下某所のコピー


・中二病
中二病(ちゅうにびょう)とは、思春期の少年少女にありがちな自意識過剰やコンプレックスから発する一部の言動傾向を小児病とからめ揶揄した俗語である。伊集院光がラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』の中で用いたのが最初と言われている。「病」という表現を含むが、実際に治療の必要とされる医学的な意味での「病気」または「精神疾患」とは無関係である。



概要

ラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』が初出。1999年1月11日放送の同番組内でパーソナリティの伊集院光が「自分が未だ中二病に罹患している」と発言し、翌週から「かかったかな?と思ったら中二病」(1999年1月18日 - 3月22日)というコーナーを作ってリスナーから募った「症例」を体系化させていった。
「中学2年生くらいの年代でありがちなこと」といった意味のもと、投稿ネタとして展開していた。

放送当時は番組リスナーの間だけで用いられるだけの名称であったが、次第に浸透し始め、インターネットスラングとして広く使われるようになった。
それに伴って高二病や大二病、小二病などの類似する派生語が自然発生し、ネットスラングとして認知されて以降は自虐ネタの意味合いというよりは、思春期の少年が行いがちな珍妙な言動に対する蔑称の一つとして定着するに至っている。
これらに関して伊集院光は、「もう僕の作った時の意味と違うから言葉自体に興味無いです。」と語っている。
また、天久聖一、タナカカツキ『バカドリル』にも関連記述が見られる。


症例

以下は『オタク用語の基礎知識』内の同項で紹介されている“症例”の一部である。

洋楽を聞き始める。
コーヒーを飲み始める。
ブレイクした(そしてみんながもて囃す)ロックバンドを「売れる前から(自分は)知っている」とムキになる。
やればできると思っている。
何かと口を挟む母親に対して激昂し「プライバシーを尊重してくれ」などと言い出す。
社会の勉強をある程度して、歴史に詳しくなると急に「アメリカって汚いよな」と言い出す。



タイプ
塞神雹夜の『中二病取扱説明書』によると、主に以下の3つのタイプがあるという。

DQN系
反社会的な行動や不良を演じる。根はまじめだったり臆病だったりするので、本当の不良には成りきれない。喧嘩や犯罪行為に対する虚言が多い。「DQN」とは『頭の悪そうな人』や『迷惑な不良系』を表すネットスラング。


サブカル系
流行に流されずマイナー路線を好み、他人とは違う特別な存在であろうとする。別にサブカルが好きなわけではなく、他人と違う趣味の自分は格好いいと思い込んでいる。


邪気眼系
不思議な力に憧れ、自分には隠された力があると思い込み、そういった設定のキャラ作りをしている。別名、妄想系。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つまりあれかな・・・


まだ子供っぽい・・・・・って受け取っていいのかな・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



俺中二病!!!!

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://eandh.blog88.fc2.com/tb.php/190-52b20d58

copyright © egg & ho-san all rights reserved.


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。