スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

努力と才能は紙一重



っと、いう言葉をよく耳にすることがありますが、努力と才能、どちらも自分が設定した目標、はたまた願望を実現するためには必要なものだと思います。 

でもあれですよね、才能っていっても考え方によってはいくつもあることでしょう。

経験や知識をすぐに実践で活かすことのできる才能、自分の上達のために効率のよい練習を行うことのできる才能、新しいことを生み出すことのできる才能、努力することを続けることのできる才能などなど。

自分がいくら努力をしている”つもり”でも、自分の思い描いているラインまでにはなかなか到達できないものです。
ところが世の中には自分にはなかなか到達できない地点にさらりと到達してしまう人がいるものです。
同じ練習、同じ時間だけ練習しても人によって結果に違いは出てくるでしょう。それはある意味、公平な結果だと思います。できる人にはそれだけのセンスがあるのですから。

僕にはこのセンスが欠如していると思います。人ができることを、その人よりも時間かけなければ会得できないことが多いんですね。
ある格闘ゲームで、コンボ一つができるように半年もかかったこともありますからねw;

それでも時間をかけてでも練習、努力(あんまりこの言葉好きじゃないけどw)していくことで上達はできるんですよね。
ですが自分の目標がなかなか達成できないとき、挫折もするし、何より自分の成長がないように思えるときがあると思います。

対戦ゲームなどである人に勝つことを目標にしたときとかそういうこと多いですかね?自分は結構経験ありますけど。


んで、最近はこういう勝ち負けを競うことをしていると、相手の人のことを結構考えることがあります。
この人上手だなぁ、いったいどれだけ練習したらこんな風になれるんだろう?とかね。
やっぱり相手の人も同じで、上に行くために色々努力してるんだろうと思います。僕は実際にその人達がどれだけの努力をしているのか知るすべはないですが、やはり相手の人も成長しているということですね。

いつまで経ってもその人に勝てない、でもそれは自分が上達していないのではなく、相手の人も上達しているということもあるでしょう。相手の人も他の人に負けないよう努力しているんだから。

結果ばかりに目が行って見落としがちなこと、それはちゃんと自分が成長しているということ。 
なんだかんだで練習していくことで様々なことは上達できるんですよね。


って、自分は何が言いたいんだろうねw
まああれです、競技の中で人間を相手にしている以上、結果はどうあれ自分が成長しているということを見落とさないや相手をのことを認めること。こういうこと最近大事だと思う。
特に自分の成長の認識をなくしたとき、人は努力を続けることさえやめて、それ以上の成長もなくなるんでしょうね。


っと某所のやりとりを見ていて思ったことをつらづらと。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://eandh.blog88.fc2.com/tb.php/46-8595277e

copyright © egg & ho-san all rights reserved.


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。